カートをみる マイページへログイン・新規登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
rss
 

出産祝いのマナー


■いつ贈る?

 無事に出産したという報告を受けてから贈ります。
 遅すぎても失礼にあたりますので、生後1ヶ月までの間に贈ると良いでしょう。

 お祝いは持参するのが正式といわれていますが、出産祝いに関してはあてはまりません。
 よほど親しい間柄以外は、母親の体調を考慮し、配送したほうが親切です。


■相場は?

 出産祝い相場


■のし

 出産祝いのし


■どんなものが喜ばれる?

 ▶ 赤ちゃんに

  身内ならすぐに使うもの、友人や知人なら生後1年頃に使うものを贈ると喜ばれます。
  親しい間柄であれば、本人の希望を聞くのもひとつの方法です。

 ▶ お母さんに

  どうしても赤ちゃんに注目が集まりがちですが、お母さんも主役です。

  お母さんの頑張りにねぎらいの気持ちを込めて贈り物をすると喜ばれます。


■おすすめは?

 赤ちゃんの成長を願う気持ちが込められた、思い出に残るようなものをプレゼントする方が多いようです。
 
 実際にもらって嬉しいお祝いとしては実用品だそうです。
 特に
1人目のお子様の場合、なかなか必要なものが揃わないということで、ベビー服小物などはいくつ
 あっても嬉しいものです。

 
 当店のベビー用品は、お口に含んでも安全・安心の天然加工をしております。
 オーガニックコットン100%のベビー用品等は、お肌に優しく、赤ちゃんへの思いやりが込められており
 おすすめです。

 出産祝いベビー

 
 頑張ったお母さんには、スカーフやストールを。
 タオルマフラーは首周りがちくちくせず、とっても気持ちいいですよ。
 

 出産祝いママ


 バスタオルは、赤ちゃん用のおくるみや肌掛けとしても使えてとても便利です。
 天然加工されているので、お肌に優しく、ふわふわが長続きします。


 出産祝いバスタオル



ページトップへ